>

長い間、家族でいてくれたペットに感謝の気持ちを伝えよう

火葬後は安らかな眠りを

埋葬方法

火葬や葬儀が終了すると遺骨をどのようにするか選ぶことになります。霊園での埋葬を選択した場合、個別墓か合同墓に埋葬することになります。

個別墓は、自分が飼っていたペットのみのお墓です。法要などもペットの忌日に合わせて行われることになりますが費用も高く、掃除などお墓の管理が必要です。

一方合同墓の場合は費用が安く済み、他のペットたちと一緒に埋葬することで一人ぼっちにさせないという心情的な安心感もあります。ただし他の家庭のペットと一緒に埋葬されているため、後々自分のペットの遺骨のみを取り出すことはできません。法要も合同で行われるので、自分のペットの忌日に近い日付を選び参加することになります。

霊園に埋葬する場合は費用面や法要などを考慮して、お墓の種類を選ぶようにしましょう。

自宅供養

一般的には火葬後すぐに埋葬という流れですが、気持ちの整理がつかない飼い主もいます。その場合は遺骨を自宅に持っていくことも可能です。

火葬した後は、遺体の腐敗問題がないため、どれだけ長い期間自宅で遺骨を保管していても問題はありません。ただし埋葬の契約をした場合はいずれは霊園に埋葬することになります。

もし埋葬契約をしていない場合は、いつまでも自宅で遺骨を保管していても問題ないので、どうしても霊園に運びたくない人は自宅供養しましょう。ただし骨壺はペットの体の大きさによってはかなりのスペースが必要になります。そのため例えば大型犬の遺骨を自宅供養するのはあまりおすすめできません。小型犬や猫ほどの大きさなら自宅供養してもそこまで場所をとることはないでしょう。


この記事をシェアする