>

長い間、家族でいてくれたペットに感謝の気持ちを伝えよう

ペットが亡くなると遺体はどうなる?

火葬時

ペットの葬儀業者に連絡すると、まずはどのように火葬するかという話になります。

火葬にもいくつか種類があります。基本的には火葬場となりますが、自宅の敷地が広いなど充分なスペースがある場合は、その場で火葬することも可能です。大型のペットで火葬場まで運ぶことが難しいときなどに利用します。自宅の敷地内で火葬した場合は全ての作業をその場で完了させることができますが、充分なスペースが必要のため誰でも気軽に依頼できるものではありません。

主には火葬場での火葬となりますが、その際葬儀を依頼することもできます。業者によってサービスは異なりますが、一般的には火葬を待つ間に葬儀を執り行うようになっています。

サービス内容や費用は業者によって大きく変わるので、どういった供養を望むかで業者を選ぶようにしましょう。

葬儀に関して

葬儀を行う場合は祭壇が設置されます。そこに飾るための写真が必要なので、生前の元気な一枚を持っていくようにしましょう。またペットが好きだった玩具なども供えることもできるので、寂しくならないようにできる限り飾り付けてもらいましょう。祭壇を彩る花は業者に相談して事前に準備することができます。

葬儀のプログラムも業者とじっくりと相談して決めるようにしましょう。フラワーセレモニー、読経などの宗教的供養も葬儀内に組み込むことができます。もちろんプログラムにこだわればこだわるほど費用もかかってしまいますが、愛するペットが寂しくならないよう壮大な葬儀を行う飼い主も数多くいます。

どこまでのサービスに対応できるかも業者によって変わるので、依頼するときは必ずサービス内容を確認するようにしましょう。


この記事をシェアする